気になる銀歯に ~ セラミック治療 ~

セラミックで美しい口元に

セラミックで美しい口元に

日本における虫歯治療では、以前から銀歯が多く用いられてきました。しかし銀歯はとても目立つ上に、近年では金属アレルギーの原因になることもわかり問題視されています。そこで、セラミックを用いた審美歯科治療を選択される方が増えているのです。

横浜市港北区、地下鉄高田駅からすぐの歯医者「ルトゥール歯科診療室」の審美歯科では、お口の中から銀歯を排除し、安全と美しさを手に入れるセラミック治療をお勧めしています。美しい口元になり、思いっきり笑いましょう。

銀歯の問題とは

銀歯の問題とは

銀歯は正しくいうと、「金銀パラジウム合金」でつくられています。これは金2%、パラジウム20%、銀50%前後、銅20%前後のほか、インジウムなどが数%含まれている合金です。近年、この中のパラジウムが金属アレルギーの原因になることが問題になっており、自覚のないまま次のような症状が現れているケースもあります。

お口の中の症状 接触性皮膚(粘膜)炎、扁平苔癬  など
全身の症状 腎炎、喘息、過敏性肺炎、凡発性湿疹、全身性接触性皮膚炎、儀アトピー性皮膚炎  など

もし、こういった症状が出ていながら原因がわからない……ということがあれば、お口の中の銀歯が問題かもしれないのです。当診療室では銀歯をすべて取り除き、セラミックに取り替える治療に対応していますので、お気軽にご相談ください。

ルトゥール歯科診療室の審美歯科治療

詰め物・被せ物に自然な白さを持つ素材のものを用いれば、美しい口元に仕上がります。白い歯がのぞく笑顔は魅力的で、相手に清潔感を与えます。しかし大切なのは見た目だけではありません。詰め物・被せ物は身体の中に長く入れておくものであるため、身体に害のない安全な素材のものを選ぶことが必要になるのです。

そこで当診療室では、次の素材をご用意しています。

オールセラミック

オールセラミック

身体に安全で長持ちする美しい素材として、まず登場したのがオールセラミックです。当診療室における最高ランクのもので、1本につき128,000円(税別)。費用が高額になる点がデメリットです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

当診療室とセラミック専門の技工所との業務提携によって、新たに加わった素材。セラミックの中でもとくに美しいとされ、さらに耐久性も高いのが特徴です。

e-max

e-max

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としてつくられた歯科素材です。自然な歯の白さを再現できる上に、適度な軟性を持つことで、咬み合う歯を傷めません。

最小限のダメージで、すぐに美しく~ドックベストセメント+グラディアダイレクト~

当診療室では、虫歯治療において歯のダメージを最小限に抑えながら、その日のうちに美しい歯に仕上げる理想的な審美治療を組み合わせてご提供しています。

ドックベストセメント グラディアダイレクト

虫歯が神経に近い部分まで到達した場合に、神経に近い感染歯質を残して削り、ドックベストセメントという特殊な薬を詰めて、残っている虫歯菌を殺菌するという治療法です。

通常であれば神経を除去しなくてはならないような症例でも、神経を残すことができ、また歯質を削る量も少なくてすみます。当診療室では8倍まで拡大できるサージテル拡大鏡を用いて治療を行いますので、より精密な治療が可能になります。

虫歯に感染して削った歯質部分に、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせてつくった歯科素材、ハイブリッドセラミックを直接盛り付けて美しく仕上げる治療法です。おもに前歯に対して行います。

ハイブリッドセラミックは保険診療のレジンより美しい上に耐久性が高く、適度な軟性を持つため、硬すぎるオールセラミックが持つ「欠けやすい」というデメリットを払しょくし、さらに比較的費用を抑えた自費診療を可能にします。

最小限のダメージで、すぐに美しく~ドックベストセメント+グラディアダイレクト~

当診療室では、この二つの治療を組み合わせた「ドックベストセメント+グラディアダイレクト」をご提供しています。当診療室の院長、金沢は、ドックベストセメントを日本で初めて導入した埼玉県比企郡の小峰先生より直接指導を受けてりますので、安心して治療をお受けいただけます。

ドックベストセメント+グラディアダイレクトの費用
1歯につき
※グラディアダイレクトとドックベストセメントを同時に行う場合には、グラディアダイレクトの料金だけで受けていただけます。
5,000円(税別)

» グラディアダイレクトについてくわしくはこちら